pamish.net

車を査定する際の点検箇所はどこなの?

車を査定する際にはいろいろと点検されますよね。
エンジンとかタイヤ、ボディの傷など項目は多岐に渡ります。
全てを把握しておくことは難しいと思いますし、買取業者によって査定する点検箇所も異なってくる可能性もありますので、ポイントだけ押さえておくようにしましょう。

 

まずはエンジンの状態やベルト、ブレーキパット、ギアパットなどです。
とにかく走るということに問題ないかどうかを点検します。
中古車を購入する人は、まずは故障を気にしますので、早期で故障する可能性がある場合は、取替えを行う必要があります。
すると業者が負担する金額が高くなるため、点検箇所として重要なポイントになるのです。

 

次にタイヤやボディの傷など、購入を希望する人が目で見てはっきりと分かる場所です。
特にタイヤなどは磨り減っていると交換しなくてはいけませんので、査定の際の重要な点検箇所になります。

 

そして、最後に全体的な綺麗さです。
ボディの色の鮮やかさなども重要ですね。
日に焼けてしまって色あせていたりすると、マイナスポイントになってしまいます。

 

このようにまずは安全に乗れる車かどうか、という点と買いたくなるような綺麗な状態にあるかどうか、という点を点検するのです。
車の査定なら下記サイトがおすすめです。