pamish.net

新車の値引きで勘違いしやすいこと

新車を安く購入しよう、値引きをしてもらおう。
そう考える方が多いですよね。間違ってはいないです。
ただ、安く購入する方法は値引きだけではないんです。

 

新車を購入する方ってほとんど乗り換えでの購入ですよね。
そして、今乗っている車は、その販売店の下取りに出す。
基本的にこのような方が多いのですが、
新車の購入費用とは、今のっている車の売却費用との差し引きの合計で見るものなんです。

 

ケース1

新車が300万するとします。そして自分の車の下取り額が50万。
このケースだと、購入費用は250万円ですよね。
値引き額が10万円だとしても240万。

 

ケース2
ケース1と同じ車種の新車を購入予定。300万円。
自分の車の下取り額が20万円。
値引き額が20万円。
差し引き合計260万円。

 

上記のケースのように、値引きをいくら頑張ったところで、
今乗っている車が高く売れなくては、結局は購入費用が高くなってしまいます。
それだけ、車の売却額って、新車の購入費用に影響を与えるんですね。

 

これをよく理解していないと、値引きはかなりしてもらったけど、
結果的に車を安く購入できなかった。
なんてことにもなります。

 

新車を購入するにあたって、このような盲点はいくらでもありますので、
気をつけるようにしてくださいね。
こちらも参考になるので、一応チェックを!